歌うuncle Kの部屋の扉

uncle Kが歌を歌わせて頂きながら、主にガーデニング他DIY工作等を行います、日々のフリージャンルの奮闘記です。よろしくお願い致します。

御訪問ありがとうございます。このブログは私、uncleKが歌を歌わせて頂きながら、主に、小さな庭のガーデニング(ガーデンDIY施工を含みます。)をはじめ、DIY工作、ホームデコレーション等を行いますフリージャンルの日々の奮闘記になります。よろしくお願い致します。

ホームデコレーションの扉

出窓の下枠をホワイトに塗ってみました。

出窓の枠が、少し寂しい感じでしたので、
思い切ってホワイトに塗装してみました。
IMG_0037

塗装前の状態です。
009

塗装前の状態です。
001

よし、塗るぞーといったところです。
IMG_0013

頑張って塗っています。後ろ姿で失礼しています。
IMG_0021

塗り終わりまして、喜んでいるところです。
乗っていますのは、以前にDIY製作しましたガレージ前の屋根
になります。

IMG_0023

こんな屋根をDIY製作してみました。
この屋根の製作過程も、このブログの「ホームデコレーションの扉」
にて掲載させていただいていますので、よろしければ
是非そちらもご覧ください。

002

今回ホワイト塗装しました出窓下枠が、こんな感じになりました。
IMG_0032

窓枠がホワイトになった分、窓枠が広くなった感じで、
私なりには以前よりも落ち着いたかなという気がしています。
ご覧頂きありがとうございました。
IMG_0038


我が家の出窓枠をデコレーションしてみました。

我が家の出窓上部の枠が少々寂しい感じでしたので、
窓枠を広くする為に、枠を製作し上部に付け足してみました。
003

製作しました窓枠を取り付ける前の状態です。
001

後日に、下側の枠はホワイト塗料で塗装したいと思います。
ご覧頂きありがとうございました。
003

DIY製作しましたガレージ屋根の仕上げ装飾を行いました。

DIY製作しました、ガレージ屋根の
仕上げ装飾を行いました。
014

屋根下の両サイドの飾りになります。
018

屋根角下の飾りパーツです。
IMG_2941

IMG_2943

塗装が終わりました。
IMG_2949 (1)

全て取付けました。
IMG_2953 (1)

柱の角を削りました。
003

塗装しました。
009

柱の足元の飾りになります。
022

こんな感じになりました。
ご覧頂きありがとうございました。
042



DIY製作しましたガレージ屋根に年号プレートを掛けてみました。

DIY製作しましたガレージ屋根に、アクセントと
しまして、年号プレートを製作し掛けてみました。
003

今回使用しました板材は近くの神社で欅の伐採がありまして、
その時頂きました木切れを製材したものです。
それの整形作業です。

033

門塀製作時にネット購入し使用しました、真鍮製英文字を
今回も使いました。
ご覧頂きありがとうございました。
051

ビルトインガレージに屋根を製作してみました。

ビルトインガレージに屋根を製作してみました。
ガレージ内が道具で手狭になってしまいましたので
少しでも作業スペースを確保する為に、雨天時の
事も考えましてと、ホームデコレーションも兼ね
今回思い切って屋根作りに挑戦してみました。
それでは完成しました姿からご覧ください。
IMG_2192

本来、屋根とのバランスを考えますと、もう少し柱を前に
立てたかったのですが現在、我が家で家内のお母さんを
在宅介護をしており、訪問入浴の方や訪問看護の方等、
お世話になっています方々が車でお見えになる関係で
ここまでが限界でした。
IMG_2187

製作しました柱を差し込む為の基礎柱用型枠です。
全て一人作業の為、作業上での柱の転倒防止と補強の為です。

IMG_1812

鉄筋と共にコンクリートが固まりました。
IMG_1813

コンクリート柱が形になりました。
IMG_1847

屋根を補強する為のポイントのボルトを
ガレージ壁の中から出しましてスタートです。

005

2✖6材で製作しました柱が立ちました。
017

2×6材を使用し製作しました柱を塗装し、コンクリート柱に
差し込んで、骨組みの製作開始です。
IMG_1915

IMG_1952

今回の製作で迷いましたのは、既存のガレージ屋根の勾配に
合わせるかどうするかだったのですが、
結果的に緩い勾配に決めました。

IMG_1965

合板が貼れまして、傾斜部に2✖4材を取り付けました。
IMG_1978

019

今回はベニア材を貼ったのですが、繋ぎ目に
ネジ止め用の板を足すのに手間がかかりました。

025

屋根の淵回りにつきましては、当初塗装する予定でしたが
風雨さらされ、痛みやすい場所の為、思い切って看板材を
貼ることにしました。
(他の工作で使用しました時に使えると思ったからです。)
この看板材は丈夫な3.5mm厚のウレタン板の裏表に
薄いアルミ板が貼られていますとても防水性に優れた素材です。
ただ、表面が薄いアルミ板なので、何かが当たりますとそこが
そのままへこんでしまいますので、使用場所を選びます。

008

この製品を貼りました。(屋根材の下に貼るものです。)
021

このルーフィングを貼る前に、屋根の淵に水切り板といいます
ブリキ板を合板にくぎ止めしましてから、ルーフィングを貼りました。
どちらも重かった為、肩に担いではしごを昇るのが大変でした。

008

何とか屋根材が貼れました。本当は、既存の屋根材の様な
アスファルトシングルにしたかったのですが、時間の関係で
諦めました。
この後、外壁との隙間をシールド剤で埋めました。

017

最後の天張り作業です。べニア材にホワイト塗料を塗りました。
IMG_2149

型取りしました、これをはめ込んで完了です。
IMG_2150

サイドの化粧壁製作中です。
合板で型枠を設置し、コンクリートを流し込んだところです。

001

合板を外し、カルチャードブリックを貼りました。
002

2✖4材で両サイドの飾り孔子の製作開始です。
IMG_2050

各、エッジを装飾しました。
IMG_2054

形になりました。
格子部の角材のエッジ装飾も終わりました。
001

ホワイト塗料を塗りまして完成です。
002

片側の設置が終わりました。
019

化粧パーツ製作中です。2✖6を切り出しましてエッジ装飾を
しました。

006

パーツの一部ができました。四角いパーツは、装飾と補強の
要素も含めて製作しました。

013

柱上部の装飾用パーツです。
IMG_2207

先に、販売されていますケーシング材をカット、塗装し
取り付けた所に付け足しです。

IMG_2210

付きました。後は塗装です。
IMG_2215

こんな感じになりました。
IMG_2442


何とか形になりました。
IMG_2192

今回、雨樋も取り付ける予定だったのですが、
既存の雨樋と同じ物が見つけられなかった為
また、考えたいと思います。

後日にもう少し飾りパーツを製作しまして取り付けたいと
思っています。
最後までご覧いただきありがとうございました。
IMG_2187





ご訪問ありがとうございます。 よろしくお願い致します。
プロフィール

uncle K

最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
ご覧頂きましてありがとうございます。ブログランキングに参加させていただいておりますので、もしよろしければ、下にありますバーナーのクリックをよろしくお願い致します。
  • ライブドアブログ