歌うuncle Kの部屋の扉

uncle Kが歌を歌わせて頂きながら、主にガーデニング他DIY工作等を行います、日々のフリージャンルの奮闘記です。よろしくお願い致します。

御訪問ありがとうございます。このブログは私、uncleKが歌を歌わせて頂きながら、主に、小さな庭のガーデニング(ガーデンDIY施工を含みます。)をはじめ、DIY工作、ホームデコレーション等を行いますフリージャンルの日々の奮闘記になります。よろしくお願い致します。

屋内設備工事の扉

以前に施工しました、訪問入浴車のホース引き込み用ダクトです。

お義母さんの自宅介護に伴う
訪問入浴利用の為の準備としまして
訪問入浴車のホース引き込み用のダクトを
以前に取り付けた時の画像です。
施工目的としましては、訪問入浴車から出たホースが
一度各家庭の屋外の水道に繋がりまして、
その水道水が一度入浴車のタンクに戻り、
湯沸かしされたお湯を別のホースで屋内の
入浴室に送られる仕組みなのですが、
ホースで玄関扉が閉められない為、夏場に、
入浴職員の方々と、当のお義母さんが、
蚊に刺されてしまうと思いまして、
屋外の立ち水栓に近い外壁に貫通ダクトを取り付けることに
なった訳です。
まずは、施工完了画像からご覧ください。
018

部屋側の石膏ボードを切り、断熱材をよけまして、50mmの
ホールソーで内側から12mm厚の合板と外壁に
穴を開けたところです。
この後、外側から、ジグソーという道具で穴を広げました。

004

右に見えますのが、2✖4材住宅といわれる柱材の2✖4材です。
これを切ってしまいますと良くありませんので、あらかじめ
壁裏センサーという安価な道具で、2✖4材を探しておきました。
007

これが壁裏センサーです。これで約2500円位です。
IMG_3755
IMG_3753

ダクトが何とか入れられました。
このダクトは、本来この様な使い方をされるものではないと
思いましたが、他に適当な物が見つけられなかった為、
採用してみました。

009

外側にはネジが切ってあり、蓋が閉まる様になっているのですが、
外から回してしまえば、人の腕が入ってしまう太さがありますので、
防犯の為に内側は蓋を自作しまして、蓋とダクトに長ボルトを
貫通させて、内側からしかナットが開け閉めできない様にしました。

015

ダクトが出ました。ここまでダクトが出っ張らなくてもよかったのですが、
このサイズの物しか販売されていなかったので良しとしました。
この後、ダクト回りにシールド剤を塗りまして完成です。

011

何とか完成しました。
ご覧頂きありがとうございました。

016

防音、窓無しの音楽室に仕方なく換気扇を付けることになりました。

私が若き頃に組んでいましたバンドの
練習の為に我が家の建築時に音楽室を
作ったのですが、諸事情によりまして、
換気扇を付ける事になりました。
今までは、エアコンに換気機能がありまして
音漏れを極力無くす為に、そのダクトを一旦別の
部屋へ通してから、その部屋の壁から外へ出して
いたのですが、この度、頑張って取付けました。
まずは完成画像から掲載させて頂きました。
025

約10cmの穴を開けるのですが、この大きさのホールソーは
無かった為、ドリルで円形に穴を開けました。

012

ドリルで一つ一つの穴の間を更に削りまして、何とか吸音版に穴が
開きました。

013

その奥の施工ボードをカッターで地道に切りまして、
防音材が出て来ました。

016

防音材を破りますと外壁の内側に貼ってあります
合板が出てきました。これを外側から
中心の穴を目安にずれない様に切り貫通させました。

021

ダクトと外用のフードが付きました。
022

換気扇本体が付きました。
023

カバーを付けまして完成です。
電源は、家庭用のコンセントでOKのタイプです。
ご覧頂きありがとうございました。

026

ご訪問ありがとうございます。 よろしくお願い致します。
プロフィール

uncle K

最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
ご覧頂きましてありがとうございます。ブログランキングに参加させていただいておりますので、もしよろしければ、下にありますバーナーのクリックをよろしくお願い致します。
  • ライブドアブログ