歌うuncle Kの部屋の扉

uncle Kが歌を歌わせて頂きながら、主にガーデニング他DIY工作等を行います、日々のフリージャンルの奮闘記です。よろしくお願い致します。

御訪問ありがとうございます。このブログは私、uncleKが歌を歌わせて頂きながら、主に、小さな庭のガーデニング(ガーデンDIY施工を含みます。)をはじめ、DIY工作、ホームデコレーション等を行いますフリージャンルの日々の奮闘記になります。よろしくお願い致します。

2017年03月

uncle Kがソンシギョンさんの「君のすべての瞬間」を歌わせていただきました。

uncle Kがソンシギョンさんの「君のすべての瞬間」を
歌わせていただきました。
今回は初めて韓国のバラード曲に挑戦させて頂きました。
さすがに韓国語につきましては、韓国時代劇ドラマを
日頃見ているだけですので、全く解らないですが、ソンシギョンさんの
ファンの女性の皆様には叱られてしまうかもしれませんが、
私なりに心を込めて歌わせていただきました。

家内がソンシギョンさんのファンで、ファンクラブにも
入会していまして、2015年の1月に家内にせがまれまして、
家内と一緒に、私もソンシギョンさんのコンサートへ行って来たのですが、
本当に優しく、そしてささやく様に歌われていて、
もちろん歌唱力も素晴らしく女性のファンの方が多い事がうなずけました。
大変良いコンサートでした。

余談ですみせんが、コンサートの時に、ステージの曲の合間に
通訳の方が通訳されるのですが、ソンシギョンさんが
話終わると同時に、通訳を待たずに会場のファンの女性の皆さんから、
どよめきと、歓声が上がっていたのには驚かされました。
現在家内も韓国語を勉強中なのですが、家内自身も驚いていました。
世間は広いですので、韓国語が堪能な方も多いとは思いましたが、
会場の皆さんが一斉にどよめいているのには、本当に驚かされました。
ファンになるというのはそういうことなんだな、とも思いました。

常日頃、自宅での家内のお母さんの介護生活の関係で、なかなか好きに
出歩く事が出来ない状況の為、久しぶりに外での刺激ある体験ができ、
思い切って行って良かったと思いました。
     


 


uncle KがMISIAさんの「逢いたくていま」を歌わせていただきました。

 MISIAさんの「逢いたくていま」を歌わせていただきました。
よろしくお願い致します。


お義母さんに作ってもらった花嫁ブーケの飾り棚を製作しました。

私の結婚式で家内が持ちました、
お義母さんに作ってもらった花嫁ブーケを
飾る飾り棚を製作しました。


残念ながら、義母は19年前から脳腫瘍摘出手術の
後遺症で寝たきりとなってしまいまして、自分では
寝返り一つできなくなってしまいました。
(要介護度5で1級障害者です。)
紆余曲折があり、7年前から我が家で
自宅介護をしています。
この為、義母が元気な時に私と家内の結婚式
の為に作ってくれた素敵なブーケを義母の
部屋に飾ってあげたいと思いまして、製作しました。

もっと大きな飾り棚にしてあげたかったのですが
現在、訪問入浴サービスを利用させていただいている
関係で、入浴介助をしていただきます方々の
妨げにならない様にと、コーナーに設置しました。

IMG_0469

IMG_0472

IMG_0471

1✖10という板材を切断し、各45度ずつ落としまして、
4枚製作しました。

IMG_2628

ルーターといいます電動工具でエッジを装飾しました。
IMG_2629

組み上げました。今回は背面の板は省略しました。
IMG_2632

油性のオイルステインを塗りました。
IMG_2634

飾りました。
IMG_0469
ご覧頂きありがとうございました。

ロケットストーブを製作してみました。

YouTubeに載せて頂いた動画を参考に、
ロケットストーブを製作し、使用してみました。

ここは、群馬県藤岡市のとある山の中です。
前回一人で来ました時に、すぐ近くの山の斜面で、
大きなイノシシと目があってしまいまして、
えっ・・・と思いましたが、そのまま消えてくれましたので、
良かったです。
熊なら大変なところでした。

ストーブを使用しました場所が大変寒かった為、
マスク姿で失礼します。

IMG_2653


木材用防腐剤の一斗缶を使用しました
最もポピュラーなロケットストーブです。

なんといいましても、ロケットストーブの利点は、
煙突から煙を排出する為に、まったく煙くない点と、
驚く程良く燃焼しますので暖かく、その為、
かけました鍋物もそれ程待たずに煮る事ができる点です。

ロケットストーブの名前の由来も煙突から、
かなりの勢いで炎が出る様が、ロケットのジェットエンジンに
似ているからではないかと思います。

ただ、本当に良く燃焼しますので、もしも、この様な形で
行われる際には、薪をかなり多めに用意された方が
良いと思います。
燃焼時間にもよると思いますが、今回多すぎるかなと
思っていました薪を全て使用してしまいましたので。

もっとも、ワイルドにやられる方は、薪も現地調達ですよね。

こんな単純な構造ですが、温まった煙突の中の空気が
上昇する時に、薪投入口から酸素を吸うという自然の摂理を
うまく利用した優れものだと思いました。

IMG_2658


これは、ペール缶を2個重ねた物です。
上部に開閉式の扉をつけましたのは、
少々長めの薪も投入出来る様にしたものです。

この様な寒い山中での炎は、本当にありがたいの一言です。

今度は、もう少しカッコよく製作してみたいと思いました。

IMG_2657
ご覧頂きありがとうございました。

玄関ポーチをデコレーションしてみました。

玄関ポーチをデコレーションする為に、格子の飾りを付けてみました。
037


レッドシダー(日本名は米松です。)という材木で生産されました、
角材を購入し、トリマーといいます電動工具で格子部の装飾を
しまして、組み上げたところです。

両サイドの板材は1✖4(ワンバイフォー・暑さ19mm・幅87mm)
という材料です。

033


角材のエッジ飾りのアップ写真です。
034


上に載せます飾り板(2✖4材)のエッジ装飾をしたところです。
001


ルーターという電動工具です。これでエッジを装飾します。
003


飾り天板が付きました。
006


上部サイドの装飾開始です。
010


こんな形に仕上げました。
014


ホワイトの油性塗料を塗り終わりました。
004


設置が完了しました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

037

ご訪問ありがとうございます。 よろしくお願い致します。
プロフィール

uncle K

最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
ご覧頂きましてありがとうございます。ブログランキングに参加させていただいておりますので、もしよろしければ、下にありますバーナーのクリックをよろしくお願い致します。
  • ライブドアブログ