歌うuncle Kの部屋の扉

uncle Kが歌を歌わせて頂きながら、主にガーデニング他DIY工作等を行います、日々のフリージャンルの奮闘記です。よろしくお願い致します。

御訪問ありがとうございます。このブログは私、uncleKが歌を歌わせて頂きながら、主に、小さな庭のガーデニング(ガーデンDIY施工を含みます。)をはじめ、DIY工作、ホームデコレーション等を行いますフリージャンルの日々の奮闘記になります。よろしくお願い致します。

2017年02月

仲良く3つ並んでなりました。

小さな庭に仲良く3つ並んで夏みかんがなりました。
それも、こ
の3つだけです。こんな事もあるんですね。
現在、我が家は私と家内と介護をしています家内の
お母さんとの3人暮しですので、(5回の流産を経て)
3人身を寄せ合って、細々と生きる自分達の姿と、
何だか重なって見えてしまいました。
そしてまた、3人仲良くね、と言われているのかもしれないとも
思ったりもしています。
たくさん花がついていましたので、今年はたくさん
実が生るのかな?と密かに楽しみにしていたのですが、
小さな実が一つ落ち、二つ落ち、結果は、なんとこの
3つだけとなりました。
聞くところによりますと、こんな果樹でさえ、
ちゃんと、自分の身の丈を知っていて、
その体力に合わせて実を付けるのだそうです。
何事も無理をしてはいけないよ。とこんなみかんの木に
教えられている様な気がしました。

004 - コピー

家内の母を連れて

現在、家内のお母さんを自宅介護していまして、
身体状態としましては以前行いました
脳腫瘍の手術の後遺症で、自分では寝返りすらうてない
状態です。
(要介護度5で障害者1級認定されています。)
幸い話はできる状態の為、できる限り常日頃話しかけ、
嚥下障害にならぬ様に、本人からも
出来る限り話をしてもらう様にし、食事は車椅子で介助しています。
デイサービス等は本人の意思もあり利用していませんので
どうしても、見られる物といえば、テレビと庭の花ぐらいなので
いつもという訳にはなかなかいかないのですが、
時には、季節の変化を感じさせてあげたいと思いまして、
埼玉県秩父市の芝桜がとてもきれいな羊山公園に行った時の写真です。
お母さんの頭に巻いてあります、ブルーのベルトを外して写真を
撮ってあげたかったのですが、外してしまいますとどうしても頭が
下がってしまう為、そそまま撮らせてもらいました。
食べる楽しみもと思いまして、大好物のフレンチトーストも持参しました。
長居はできませんでしたが、普段家では、なかなか感じる事が出来ない
自然な花の香も感じる事が出来た様子で良かったと思いました。
019

門塀を製作しました。各製作工程写真をご覧ください。

小さな庭のガーデニングとしまして、門塀を製作しました。

完成写真から掲載させて頂きました。
それでは、各製作工程写真をご覧ください。
9098

例によりまして、ラフスケッチにてデザインを決め、スタートしました。
1737

門塀の土台製作の型枠を設置した所です。
これに割石というゴツゴツした小石を敷き詰め、
押し固めた後コンクリートを流し込みます。

002

型枠にコンクリートを流し込み、門塀の補強の為の鉄筋を入れた
状態です。

014

門塀の型枠になります。ここでのポイントは、
コンクリートを流し込んだ時に枠がコンクリートの重みで
膨らまないように長いネジで抑えた点です。
(コンパネの上部をクランプするのは簡単なのですが、
途中の面を両方から抑える道具は業務用でもないと思います。)
流し込んだコンクリートが完全に固まる前にネジを抜き取る
計算ですが、硬化が始まり、ネジが抜きにくくなってしまった時は、
鉄鋼用のサンダーという電動工具でネジの頭を削り落とすか、
10mm位の鉄鋼用ドリルで同じくネジの頭を削り落とせれば
型枠は簡単に外せます。ただこの時はネジ自体はコンクリートに
残りますが、問題はありません

2862

型枠の飾りですが、この穴の下側にコンクリートが流れ込むか
どうかというところです

8201

型枠を設置した所です。
2857

コンクリートを流し込みました。
下に空いています飾り穴の周りに、しっかりコンクリートが入るか
心配なところです。

2869

何とか形になりました。
2877

全面の型枠を外した所です。
2879

何とか形になりました。
2895

コンパネのサイズの制限により、一度に型枠を成形する事が
できませんでしたので、仕方なく分割して製作しました。
ネームが入るくぼみをつける為、2×6材を切り、取り付けてあります。

2911

型枠を設置しました。
2933

コンクリートを流し終わりました。
曲線の部分は3mm程の薄いベニヤ板を強制的に
型枠にネジ止めしておきます。

2937

形になりました。突然登場してすいません。
8307

2×6材を外しました。
かなりきつかったので、金具をつけ引っ張りました。

2962

カラー・ドライコンクリートをこてで塗りました。
(北フェンス製作で使用しました物と同じ製品です。)

025

1×4材を塗装し、真鍮製の英文字を取り付けました。
気に入った物がなかなか見つからなかったところ、
ようやくネットで見つけました。

実は、今現在、家内のお母さんを自宅で介護しております関係で
(現在のお母さんの状態は、要介護5で障害者1級です。)
私が久保でお母さんが倉の為、この様な形になっています。

よく宅配便の方に「久保さんのお宅でよろしかったですか?」
と気を使わせてしまう事があり、
(確かに”くぼくら”とも読めますもんね。)
久保と倉の文字の間に何らかの印をしなければと思いつつ、
その素材を探しているところです。

8523

屋外電源コンセントとの距離があった為仕方なく、
屋内(ガレージ)から基礎に13mmのドリルで穴を開けまして、
電源を取りました。
内一本が塩ビ管の中と、一本が訪問入浴の方の作業性を考え、
屋外電源増設用防水コンセントを自己増設したものにつながっています。
家庭用の延長タップでよく使われるコードよりも丈夫にできている為、
塩ビ管の中を通すのが大変でした。この塩ビ管は実は水道管として
使われるものの為、通常この様な配線作業には使われないものなのですが、
屋外ということで防水性を考え使用してみました。
一般的にはオレンジ色のじゃばらホースが埋設用に販売されています。
下の写真にある物です。

8586

裏側の配管状態です。オレンジ色のジャバラホースが
屋外防水コンセントにつながっています

3378

ようやく配線が顔を出しました。2本づつ線が出ていますのは、
写真にはありませんが、外灯へ渡りで持っていく為です。

8585

今回は配管を表に出したくなかった為、手間がかかりましたが、
こんな方法で行いました。

8656

枕木を木材とコンクリートが付けられる接着剤を使いベルトで
締め付けている所です。

8667

ようやくマリンライトと言われる明かりが付きました。
その名の通り船舶に使われている明かりです。
レトロな感じで私は好きなので、これにしてみました

枕木の溝は、後で埋めます。
8681

イメージしていました、鉢が見つかりましたので好みの花を
植えてみました。

008

こんな感じの光になります。
054

ようやく完成しました。
前にあるレンガを後でモルタル(コンクリートの粉と砂のみの資材です)
を入れ、積見直す計画です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

8821











北側外構リフォームにてフェンスを製作。各工程写真をご覧下さい。

完成写真から掲載させて頂きました。
各製作工程写真をご覧ください

2543

フェエンスの立て板に「シロアリスーパー21」という防虫剤を
塗り終えたところです。
無色ではなく、オレンジ色に近いです。
ただ、今回私の勉強不足で、これにホワイトの塗料が乗らづ
はじいてしまい、とても苦労してしまいました。
(それも、そのはずで、よく新築現場で基礎の上に横たわっている
材木に塗ってあるオレンジ色の物がそれで、あくまでも防虫が
役目で、その後塗装をする設計にそもそもなっていないのでした。)
今後は製品に記載されている注意書きを良く読むようにしたいと思います。
板先端の45度カットは、
スライド丸鋸という電動工具で切断しました。
この部分は特に精度が必要ありませんので、のこぎりで切っても
良いのですが、残念ながらそこまでするパワーがなく
道具に頼りました。
799

鉄鋼の角材の両端に3mmの厚さの鉄板をカットし、
溶接しました。その後油性塗料(ホワイト)で塗装しました。

894

フェンスの縦板を取り付ける横板を乗せる金具を
Lアングルという鉄材をカットし、ネジ止め用の穴を空け
溶接後塗装しました

913

ダブルスコップという道具で地面に60cm程穴を掘り、
穴底に小石を少し入れ押し固めた後コンクリートを流しました。
どうしてもスコップでは狭くて深い穴は掘れませんので、
あると便利です。

930

これです。
IMG_3305

以前に製作しましたフェンスが、残念ながらシロアリやられてしまい、
これを解体しながらの作業となりました。我が家は大丈夫ではないかと
思っていたのですが、甘かったです。
この事はけっして気のせいではなく、傷んだ柱からたくさんのシロアリが
でてきてしまったのをこの目で見てしまったのです。
ただその後、家自体を調べた結果はセーフでした。
この為、今回製作しましたフェンスは、しっかりコンクリートの基礎を
作る事にしました。
(コンクリートでもなんとシロアリは「蟻道」という
トンネルを壁面に作り木部まで到達してしまう事がある様なので
安心はできないようですが。)

家を守る為にいろいろ調べた結果、自分でできるベストな方法は、
「ベイト剤」(木片に毒が塗ってある物)といいまして敷地の何か所かに
少しだけそのものの表面を出して埋め込み、その毒をシロアリに
巣まで持ち帰らせて巣ごと全滅させるというものがいいのではないかと
今は思っています。

シロアリ達も悪気で我が家を狙っているわけではなく、
そもそも地球は人間だけのものではありませんが、
こればかりは共存共栄とはいかないですね

933

鉄製の柱が立ちました
プロの方のまねをして黄色い糸で位置決めをしました。

971

基礎用の溝に小石を敷き詰めて押し固めたところです。
これは、基礎が沈まないようにする為の作業です。

1090

基礎用のコンクリートを流し込む型枠が出来ました。
1225

何とか基礎が出来ました。道路に傾斜がついていたので大変でした。
基礎面がきれいに平らではありませんが、
この後ブロックを積み、最後に「面出し」という作業で平らにします。

1354

ブロック積みスタートです。
1451

面出し作業の為の枠がつきました。この枠の高さに合わせて
コンクリートを流し込みます。
(枠自体の水平をあらかじめ出しておきます。)

1657

面出しがなんとか出来ました。
1756

お隣りさんとお付き合いの関係で角を落としています。
1860

枕木の長さ調節で切断します。太くて一度に切れませんので、
四面をそれぞれ切りまして、最後に残った部分をのこぎりで切ります。
取付けられているクランプは丸のこの簡易定規の役目です。
もしやられる際は、枕木が重いので足の上に落とさない様
気をつけてください

1866

45度で面取りをしました。
034

枕木が付きました。下がコンクリートで穴が掘れませんでしたので
金具でつなぎました。

040

枕木の左側に2か所付いていますのが、
取り付けましたL字金具です。

042

花壇製作の際に書いた簡単なスケッチです。
設計図を書くのは大変なので、いつもいき当たりばったりで、
こんな感じで完成イメージのスケッチだけを描き、
ない頭を絞りながら作業をしています。

1738

花壇が形になりました。
下のレンガは後日、モルタルを入れて積み直します。

9353

カラー・ドライコンクリートをこてで塗りました。
1950

こんな感じになりました。
1964

横板が付きました。
材料は間柱という板材を使用しました。
(前回は1✖4という暑さ19mmの板材を使用したのですが、
歪んでしまい直線をなかなか出せなかったので、
今回は間柱にしてみました。)
これは建築時に柱と柱の間によく使われる物で
幅105mm・暑さ27mm・長さ3000mmでホームセンターで
売られています。価格に若干の差はありますが、
安い所で580円位で高い所で750円位です。
また、同じサイズで等級がありますが、
(特級で1000円位です。)
普及クラスで全然大丈夫です。この材木の最大の利点は
そりや曲がりが少ないことです。もしも、この材木を
縦に切れれば2本の角材になりますし、半分に切れれば
2枚の板材にもなり、大きさの割に安価で本当に重宝します。

実際に私の部屋の床材としても経費節約を兼ねて、
2枚に切り貼りました。
ただ使用した電動工具のモーターにかなり負担が
かかってしまったようで、モーターが焼き付いてしまい
修理屋さんに出す事になってしまいました。
経費節約のはずが痛い出費となってしまいました。
修理代は9300円で覚悟していたよりは安くできたので
大変ありがたかったのですが、やはり何事も無理は
良くないと反省しました。(下に写真掲載しました。)
2233


こんな感じで貼ってみました。暑さは12mmです。
節が出てしまいましたが、自然な感じでこれも悪くないかな
と自分に言い聞かせました。

IMG_3307

このトリトンというオーストラリアから輸入されている道具です。
一度に数多く切りすぎた為むりが掛かってしまったようです。
IMG_3309

横板接続金具を作りました。
2242

この様につなぎました。
2243

ようやく縦板のスタートです。常に垂直を見ながら貼っていくのは
手間がかかりますので、こんな角材を当てながら作業しますと
効率がいいです。
2272

貼り終わりました。
2830

裏はこんな感じです。
3102

ようやく完成しました。
最後までご覧いただきありがとうございました。

2543

uncle Kが安全地帯の「恋の予感」を安全地帯の様な感じで歌わせていただきました。

今回は少々思考変えさせていただきまして
抽象的な表現で恐縮ですが、玉置浩二さんの様な感じで
歌わせていただきました。


ご訪問ありがとうございます。 よろしくお願い致します。
プロフィール

uncle K

最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
ご覧頂きましてありがとうございます。ブログランキングに参加させていただいておりますので、もしよろしければ、下にありますバーナーのクリックをよろしくお願い致します。
  • ライブドアブログ