本日、11時38分に9年8か月自宅介護をしてきました
お義母さんが大腸がんの為永眠いたしました。
55歳という若さで、脳腫瘍の手術の後遺症で
寝たきりになってしまい、寝返り一つできない大変な
身体状況で75歳までの21年間という長い年月を送ってきました。

担当医から半年はもたないという宣告を受けまして
せめて最後の時間は自宅でと、家内と終身介護の覚悟を決めまして
その後、3か月が過ぎまして本日となりました。
幸いだったのは、家内とお義母さんの最後を看取れたことです。

確かに、10年近くに及ぶ自宅介護は、大変な事ではありましたが、
何より大変だったのは、自由を奪われてしまった体で
21年間という長い年月、ベッドに横たわるしかなかった
お義母さん本人だったと思います。
お義母さんとお別れとなってしまったことは、
悲しいことですが、ようやくこれで不自由な体から
魂がときはなたれ、自由になれたということではないかと
どこかほっとしている家内と自分がいます。

今までお世話になりました、訪問看護のスタッフの皆さま、
ケアマネージャー、訪問入浴のスタッフの皆さま
長い間ありがとうございました。

今まで、「お義母さんの介護の扉」をご覧いただきました皆様
ありがとうございました。
IMG_7689

IMG_7675

019

IMG_6689

IMG_0902

IMG_3940

IMG_3993

IMG_7996

IMG_0870

IMG_0859
ご覧頂きありがとうございました。